ガングリオンは自然治癒する?

スポンサーリンク

ガングリオンと自然治癒について

ガングリオンとは関節の周辺に出来てしまう良性腫瘍の事です。悪性の腫瘍ならば切除しなければ、他の部位への転移や、病気の悪化が考えられますが、良性なら自然治癒で良いのでは?という意見が多いですよね。確かにそうです。自然治癒しない病では無いので、自然治癒という選択肢もあります。

 

ただ、状況によっては治療しないといけないガングリオンの症状もあるので一概に放置するのはお勧め出来ません。専門医の診察を参考に、自然治癒を選択する方法を考えて下さい。

 

《自然治癒可能な例と不可能な例》

 

病院によって方針は違うのですが参考程度に例をまとめてみました。治療した方の病状と自然治癒させた方の病状例はこちらです。

 

◎治療した場合

 

周辺の神経を圧迫させる危険があった
生活に支障をきたす(大きくて邪魔、見た目が恥ずかしい)
治療した方が再発のリスクが少ないと聞いた

 

◎自然治癒した場合

 

痛くないので自然に任せた
再発するより、注射やメスが怖い
大きく無かったから生活に支障が無かった

 

自然治癒には再発の可能性が上がること、大きく成長してしまう可能性がある等のデメリットがありますが、それでも自然治癒をしたい方が多いようですね。

 

まずは病院でガングリオンなのか、位置に異常が無いか、周りの組織に問題無いか確認した後、先生に自然治癒を申し出てみましょう。安易な自己判断はその後に響するので必ず病院に行きましょうね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク