ガングリオンの出来る原因とは

スポンサーリンク

ガングリオンが出来る原因っていったい何?

ガングリオンになる原因とは?

 

あなたは体にガングリオンが出来てしまうことに悩まされていませんか?ガングリオンとは、どうして発症してしまうのか、どうして大きくなってしまうのか、原因が解明されていない瘍性疾患の事です。最近は若い女性に発症する確率が多く、中年男性の2~3倍の発症率が確認されてます。

 

 

関節や腱の付近に出来る豆粒大~ピンポン玉大の腫瘍で、皮膚には癒着せず、ゼリー状の組織液がドーム状に膨れる腫瘍性疾患で、次第に大きくなる病気です。大きな腫瘍があれば病院に行きますが、豆粒大だと「イボかな?」程度にしか感じず、放置して大きくなってしまうケースも少ないので、早めに専門医の診断を受けてください。放っておくと、肥大するだけでは無く、固くなってしまうので治療の妨げになります。

 

 

◎ガングリオンと診断される条件とは?

 

原因不明で解明できないと言われているガングリオンですが、診断の決定打になる条件は確定されています。

 

関節または腱付近に腫瘍があるか?
注射で組織液を調べる

 

組織液を調べ、ゼリー状だった時点でガングリオンと診断されます。腫瘍性疾患なので腫瘍では無く良性の瘤(こぶ)です。致死性も、発ガン性も無く、危険だから切除する…という心配は不要です。

 

まだまだ浸透していない病気ですが、ガングリオンは誰にでも発症する確率のある病気です。知識を身につけた専門医が増え、これから発病する原因や予防策が発見されていけば良いですね。

 

長年バレーボール経験者にガングリオンが出来やすいというデーターもあるようです

 


バレーボール上達ドリル VOL.1 トス編

 


バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編

 


バレーボール上達ドリル VOL.1 サーブ編

 

 


バレーボール上達ドリル VOL.1 スパイク編

 

スポンサーリンク