ガングリオン 治療 痛い

スポンサーリンク

治療は痛い?

 

ガングリオンとは、手足などの関節にできる腫瘍のことです。

 

その多くは良性であり「聖書ダコ」と呼ばれています。ガングリオンの治療法について、ご紹介します。その多くは良性腫瘍であるため、治療をしなくても腫瘍が消える場合もあります。しかし、痛い場合には注射器で粘液を吸引します。また、手術による除去が行なわれる場合もありますが、再発の可能性があり、手術の痕も残ることを考えると、手術のリスクと見合わないことが多いようです。

 

 

また、ガングリオンのそのほかの治療法として、圧力を加えて腫瘍を潰すという方法があります。

 

 

医療現場での行われてはいますが、かなりの圧力が必要であり、神経などを圧迫するリスクを伴うため、個人では行うべきものではありません。医師による施術として行われるもので、まず潰しを試みて、それが無理なようであれば吸引というのが、通常よく行われる治療の流れとなります。なお、どの治療においても、ガングリオンは再発の可能性があります。

 

 

ガングリオンができる原因については不明ですが、良性であるということが特徴です。

 

 

米粒くらいの小さいものから、ピンポン玉くらいの大きいものまでありますが、大きさにかかわらず悪性ではありません。また、ガングリオンは、筋肉や腱、靭帯の近くにできやすく、特に手首や足首、膝などのできやすいようです。あまり痛いという症状はないのですが、腫瘍が神経を刺激するために、うずうずした不快感はあるようです。注射針で内容物を吸引する治療法は、部位によっては神経を圧迫し、非常に痛い場合もあるようです。

スポンサーリンク