ガングリオン 手首 治療

スポンサーリンク

手首に出来たら

 

ガングリオンは、分類上は腫瘍類似疾患と呼ばれています。

 

 

類似というのが重要な点で、それ自体が悪性であったり悪性に変異する事が無いという特徴を有しています。また筋肉や靭帯の近くに出来易いという特性があり、主に手首・足首・膝等で発見されるという側面を有しています。これらは視認され易い場所である事も発見のされ易さの要因と言えます。

 

 

ガングリオンの具体的な所見としては、当該部分に皮下から腫れが出たかのような出来物が見える事が特徴で、大きさは様々ですが最大でピンポン玉程度の大きさとなります。

 

 

痛みや炎症を発する事はありませんが、箇所によっては関節の動きを阻害して引っ掛かりを感じるといったケースがあります。またガングリオンは腫瘍で無い為、内部の組織はゼリー状となっており、検査等で所見を確定させる際の参考にもなります。このゼリー状の物質は外側部分が破れたりすると組織が体内へ溶け込み、ガングリオンが消滅する場合も見られます。

 

従ってガングリオンの治療については、経過観察が基本となります。

 

 

但し消失した場合においても再発し易いという特性があり、手首のように目立つ箇所の場合は患者側から手術を希望するようなケースもあります。また手首を始め関節の稼働域を阻害する場合・神経への影響が見られる場合等には、始めから手術を適用して治療する場合もあります。

 

 

手術を行う場合でも注射針で潰すといった方法が殆どですが、箇所によっては複雑な手順が要求される事になる為に入院治療となるケースも考えられます。

スポンサーリンク