足 ガングリオン 痛み

スポンサーリンク

足の痛みについて

 

ガングリオンは良性腫瘍なのでほおっておいても大丈夫といわれていますが、足の指や甲、くるぶしなどにできると、特に靴を履いたときに痛みがでて、日常生活に差し支える場合があります。またガングリオンは腱や関節にできる傾向がありますのが、特に膝の場合はかなり大きくならないと気付かないこともあるようです。

 

 

特に足の指の関節や甲にできたときは、靴を履くと痛みが強いので、小さくても治療が必要になる場合が多いようです。

 

 

ガングリオンというのはぜりー状の液体が膜でできた袋に詰まっているのですが、これを潰すか、中の液体を取り出せば症状は改善します。通常は穿刺といって、注射器で液体を抜き取ります。簡便な治療法で、足の痛みもすっかり良くなりますが、袋が残りますので再発する場合が多いといいます。

 

 

まれに、なにかのはずみで袋がつぶれて完治する場合もあるといいますが、素人が人為的に潰すことはリスクが多いです。

 

 

再発を繰り返すようなら、この袋を除去することになります。一つは患部を切開して袋ごとガングリオンを取り出す方法で、もう一つはレーザー光を照射して袋を焼いてしまう方法です。切開する方法は再発リスクが多少高いのと傷が残ることが問題ですが、手術そのものは早ければ1日で終わります。

 

 

レーザー光の照射は再発リスクが低く、痛みも少ない方法ですが、1か月から2か月、毎日通院しなければならないということです。どちらの治療法がいいかは、医師に相談してみれるといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク