ガングリオンが出来る原因とはストレスと関係があるのか

スポンサーリンク

ストレスとの関係性について

ストレスは万病のもとです。ガングリオンの原因が必ずしもストレスにあるといえるわけではありませんが、確かにストレスはガングリオンに悪影響を与えてしまうことでしょう。

 

精神的なストレスを感じていると、体中の血行が悪くなります。交感神経が副交感神経よりも優勢になるため、緊張した状態が続き、血管も収縮してしまうんですね。

 

そうすると、体内の老廃物がきちんと排出されなくなってしまいます。ガングリオンは、排出し切れなかった老廃物、と考えることもできるのです。

 

その逆に、血流が良い場合にはガングリオンが治ったり、小さくなったりすることも分かっています。ガングリオンができてしまったら、半身浴や軽い運動を心がけて血流を促すとよいでしょう。

 

腫瘍ができている部分をマッサージしたり強めに押したりしていると、だんだん小さくなってくる、というケースが確認されています。喫煙や飲酒は血流を滞らせる原因となるので注意が必要です。

 

ストレスが原因で起きる不調はたくさんあるので、まずはストレスを解消することから始めたいですね。自分を緊張させている原因が取り除かれればそれに越したことはありません。

 

中には気持ち次第でリラックスできることもあります。アロマを焚いたり好きな音楽を聞いたりなどして、自分を楽しませてあげられたらいいですね。

 

リラックス法は人によってさまざまです。仕事や家事以外にも何か趣味を持つようにして、楽しいひとときをつくりましょう。

スポンサーリンク