ガングリオンとしびれ

スポンサーリンク

ガングリオンは良性の腫瘍性疾患なのに、時には「痛み」「しびれ」を感じる事があります。でも心配しないで下さい。決してガングリオンを放置すると悪性腫瘍に変わる訳では無く、ガングリオンが直接痛みを持つ事はありません。ガングリオンは悪性に変わらない腫瘍と言われていて、腫瘍が大きくなっても痛みを持たないのがガングリオンの特徴でもあります。

 

では、どうしてガングリオンで「しびれ」や「痛み」が現れるのか?解りやすく説明しますね。

 

 

神経に触れる…ガングリオンが成長すると神経に触れて、神経を圧迫させます。神経を圧迫すると当然痛みますし、神経を圧迫する事で周辺がしびれる症状があります。

 

筋肉に触れる…筋肉も上記と同様、触れると痛みがあります。

 

関節運動の邪魔をする…出現する部位によりますが、関節を動かす邪魔になり、通常の動作が困難になり、関節を動かす時に痛みを感じる場合があります。

 

しびれや痛みの原因は、周辺の組織を圧迫しているのが原因という場合がほとんどです。関節や腱付近に出来る腫瘍なので、どうしても神経や筋肉、関節に痛みやしびれとして影響が出やすい疾患ですね。

 

予防法も、解決法もありませんが、痛みや、しびれがある場合、治療する事で緩和することも可能です。手術も注射法も、決して難しいことでも、高額な治療でも無いので、しびれや痛みで悩まず安心して専門医に相談してみて下さい。整形外科や外科で治療を行なっていますよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク